歯科のホワイトニング

Pocket

ホワイトニング」と言えば、お肌を白くするイメージが強いと思いますが、歯を白くする審美歯科でのホワイトニングの需要も高まっていると言われます。加齢やステインなどの影響で変色してしまった歯を白くきれいにするには、セルフケアだけでは難しいのはわかっていても、医療機関での施術には敷居が高いイメージもあり、利用を迷いがちだと思います。そのような方のために、当サイトでは歯科でのホワイトニングの種類やメリットについて解説します。

歯歯のホワイトニングは、歯科だけではなく、セルフホワイトニングサロンやエステサロンなどでも行うことができます。料金も歯科を利用するより安く、費用の面だけで見れば魅力的です。しかし、サロンで行うホワイトニングは、厳密にいえば「クリーニング」に近く、歯をもとの白さに戻すことを目的に行うものです。歯科医院でのホワイトニングは、漂白成分のある薬剤を使用することで、歯を本来よりも白く美しい歯に仕上げることを目的としています。医師が施術を行うので、歯の健康チェックも同時に行ってもらえる点もメリットです。

ホワイトニングの技術も進化しており、より短時間で施術ができて、効果が持続しやすく、安全性も高い薬剤を使用した治療方法に注目が集まっています。ポリリン酸ナトリウムという成分を使用したその治療方法については、別のページで詳しく解説いたします。

白く美しい歯を手に入れることは、美容効果だけではなく、積極的に人前に出られる自信がつくなど、人生にも良い影響を与えてくれます。このサイトを参考に、ぜひ歯科でのホワイトニングを検討されてみてはいかがでしょうか。