使用する薬剤について

審美歯科でのホワイトニングは、使用する薬剤によって効果に差が出てきます。ホワイトニング効果がより高いと言われる薬剤には、どのようなものがあるのでしょうか。

審美歯科過酸化水素水に「ポリリン酸ナトリウム」を混ぜた薬剤を使用する「ポリリンホワイトニング」が注目を集めていると言われます。歯を白くしながら同時に歯の汚れを落とし、ステインや歯石がつくことを防いでくれます。この薬剤を使用することで、歯がコーティングされた状態になるので、施術中の痛みが少なく、施術後は歯の表面が強化されて着色しにくくなるというメリットがあります。自然な透明感と立体感が出る仕上がりになるので、白くなりすぎて違和感が出る心配もありません。

ポリリン酸ナトリウムは、変色を防ぐための食品添加物としても使われており、安全性の高い成分と言われています。抗菌作用もあるため、歯周病や虫歯の予防にも効果を発揮します。また、従来のホワイトニングでは、施術直後に食事がとれないというデメリットがありましたが、ポリリンホワイトニングの場合は食事を制限する必要がありません。施術も比較的短時間で済むので、忙しくてなかなか時間が取れない方にもおすすめです。

ポリリンホワイトニングは全ての審美歯科で行われている方法ではありませんが、メリットも多いので、歯科を選ぶ際のポイントにされてみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングの種類

歯科で行うホワイトニングにはどのような種類があるのでしょうか。また、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

歯科で行うホワイトニングには、大きく分けると二つの方法があります。歯医者さんが施術を行うオフィスホワイトニングと、歯科医の指示の元に自宅で行うホームホワイトニングです。

医者オフィスホワイトニングとは、歯の色素を分解する過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤を歯に塗った後、強い光を当てて薬剤の効果を高め、歯を白くする方法です。歯科医が施術を行うため、濃度の高い薬剤が使用でき、一度の処置である程度の効果を実感できる点がメリットです

ホームホワイトニングとは、歯科医が作成したマウスピースにホワイトニング剤を注入し、自宅で毎日一定時間装着することで歯を白くしていく方法です。オフィスホワイトニングに比べて使用する薬剤の濃度が低いため、効果を実感するまでには時間がかかりますが、歯の内部にしっかり薬剤が浸透するため、色戻りが少ないというメリットがあります

大阪のホワイトニング治療歯科では、この2つの方法を併用するデュアルホワイトニングを行っています。両方のメリットを享受できるため、費用は多くかかりますが、確実な効果を求める方にはおすすめです。それぞれの特徴を知り、自分のニーズに合った方法を選択しましょう。

歯科のホワイトニング

ホワイトニング」と言えば、お肌を白くするイメージが強いと思いますが、歯を白くする審美歯科でのホワイトニングの需要も高まっていると言われます。加齢やステインなどの影響で変色してしまった歯を白くきれいにするには、セルフケアだけでは難しいのはわかっていても、医療機関での施術には敷居が高いイメージもあり、利用を迷いがちだと思います。そのような方のために、当サイトでは歯科でのホワイトニングの種類やメリットについて解説します。

歯歯のホワイトニングは、歯科だけではなく、セルフホワイトニングサロンやエステサロンなどでも行うことができます。料金も歯科を利用するより安く、費用の面だけで見れば魅力的です。しかし、サロンで行うホワイトニングは、厳密にいえば「クリーニング」に近く、歯をもとの白さに戻すことを目的に行うものです。歯科医院でのホワイトニングは、漂白成分のある薬剤を使用することで、歯を本来よりも白く美しい歯に仕上げることを目的としています。医師が施術を行うので、歯の健康チェックも同時に行ってもらえる点もメリットです。

ホワイトニングの技術も進化しており、より短時間で施術ができて、効果が持続しやすく、安全性も高い薬剤を使用した治療方法に注目が集まっています。ポリリン酸ナトリウムという成分を使用したその治療方法については、別のページで詳しく解説いたします。

白く美しい歯を手に入れることは、美容効果だけではなく、積極的に人前に出られる自信がつくなど、人生にも良い影響を与えてくれます。このサイトを参考に、ぜひ歯科でのホワイトニングを検討されてみてはいかがでしょうか。