使用する薬剤について

Pocket

審美歯科でのホワイトニングは、使用する薬剤によって効果に差が出てきます。ホワイトニング効果がより高いと言われる薬剤には、どのようなものがあるのでしょうか。

審美歯科過酸化水素水に「ポリリン酸ナトリウム」を混ぜた薬剤を使用する「ポリリンホワイトニング」が注目を集めていると言われます。歯を白くしながら同時に歯の汚れを落とし、ステインや歯石がつくことを防いでくれます。この薬剤を使用することで、歯がコーティングされた状態になるので、施術中の痛みが少なく、施術後は歯の表面が強化されて着色しにくくなるというメリットがあります。自然な透明感と立体感が出る仕上がりになるので、白くなりすぎて違和感が出る心配もありません。

ポリリン酸ナトリウムは、変色を防ぐための食品添加物としても使われており、安全性の高い成分と言われています。抗菌作用もあるため、歯周病や虫歯の予防にも効果を発揮します。また、従来のホワイトニングでは、施術直後に食事がとれないというデメリットがありましたが、ポリリンホワイトニングの場合は食事を制限する必要がありません。施術も比較的短時間で済むので、忙しくてなかなか時間が取れない方にもおすすめです。

ポリリンホワイトニングは全ての審美歯科で行われている方法ではありませんが、メリットも多いので、歯科を選ぶ際のポイントにされてみてはいかがでしょうか。